未来投資塾

受講生の声

受講生の声

『自分が企業を選ぶときに、共感できなかったら投資を止めておこうと思っています。』

竹本瑞穂

mizuho takemoto

物販の会社に勤めています。趣味はお得な買い物・節約。

インタビュー画像

中島 : 未来投資塾に参加するキッカケは何でしたか?

竹本 :

もともと投資には興味があったんでけど、自分で勉強するにしてもどうしたら良いんだろうというのがありました。「体験会」に参加したら面白そうだと思って。株式投資って「めっちゃ稼げます!!」みたいなイメージが強かったけど、そんな感じじゃなくて、「長期でやっていきましょう!」という感じだったのが自分に合っていました。

中島 : なぜ、「稼ぎましょう」よりも「長期で資産形成をしましょう」の方が合ってると感じましたか?

竹本 :

がっつり稼ぎましょうというのは、もう怪しさしかないから(笑)今までお金を貯めてきたのもコツコツやってきたので、投資もちょっとずつやりたかったんです。

インタビュー写真

中島 : 未来投資塾に参加する前に不安はありませんでしたか?

竹本 :

授業についていけるか不安がありました。

何もしたことがないから、「初心者の人がいるのか」「みんな経験者だったらどうしよう」という不安はありました。

中島 : 実際受けてみて、そういった不安は解消されましたか?

竹本 :

受講生の人も良い人ばかりで、話も合うのでよかったです。初心者の人も多くて居心地もよかったです。

中島 : 実際に参加をされて、どのような学びがありましたか?

竹本 :

今まで株式投資はプロの人が短期で稼ぐイメージでした。実際は投資をする時に「経営者」だけでなく、「会社の経営理念」を見ることが、大切だということが理解できました。だから、自分が企業を選ぶときに、共感できなかったら投資を止めておこうと思っています。学ぶ前だったら、この会社が儲かりそうだから買ってみようと思っていたけど、そういうのはなくなりました。

インタビュー写真

中島 : 分析をしてみて良いなと思った経営者はいましたか?

竹本 :

柿安(2294)の経営者の赤塚社長は調べてみて熱い人で、考え方にすごく共感できました。自分の思いを社員に伝えて、全社員で良い会社を作っていこうとしていました。こういう社長の会社は成長するんだろうと思いました。

中島 : これから、投資(資産形成)に関して、どのようにしていこうと考えていますか?

竹本 :

まずは、月にいくら投資するかを決めて投資に回していくのは決めています。もういくつか株は買っていますが、他の会社も色々見ていこうと思っています。色んな会社を見てると、今まで興味がなかった会社にも興味が出ててきて、面白いんです。

インタビュー写真

中島 : ホームページをご覧の方にメッセージをお願いします。

竹本 :

株式投資は怖いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際にやってみると全然イメージが変わると思います。自分の応援したい企業に投資するっていうのはやっていて楽しいし、勉強にもなります。普段の生活でも考え方が変わったり。この商品はどうやって作られているんだろうとか、今まで何気なく使っていたものにも興味を持てるようになりました。未来投資塾で投資の利益だけでなく、自分の世界観を広げるイメージも持って受講されると良いと思います。

ページの上に戻ります