未来投資塾

受講生の声

受講生の声

『株価の乱高下=メンタルの乱高下
から卒業できました!』

川村 雄馬

Yuma Kawamura

大手印刷会社、外資系金融機関を務めて独立。
現在は、投資アドバイザーとして活動をされています。

インタビュー画像

中島 : 未来投資塾に参加するキッカケは何でしたか?

川村 :

キッカケは(豊かになる新聞の読み方)からですね。その中で、プロの視点での読み解きを聞けたのが良かったです。経営者の発言だとかビジョンだとか、自分では思いつかなかったような数字以外での投資判断の材料があるっていうことに「あ、そこなんだ!!」って思えて。それで朝活に参加して、1ヶ月くらい経ったときに未来投資塾の無料説明会の案内があったので、それに友達と参加して……って感じです。

中島 : 説明会を受けて、受講しようと思ったのはなぜですか?

川村 :

過去に株式投資はしていたんですけど、基本的に勘でやっていて(笑)。で、たまたまアベノミクスのタイミングで利益が出たんですけど、自分でやった感がなかったんですよね。「たまたまだ」っていうのは自分でもわかっていたので、「自分で稼いだんだ」って言える状態になりたいなと思って。なので、基礎の力をつけたくて受講しました。

インタビュー写真

中島 : 未来投資塾に参加する前に不安はありませんでしたか?

川村 :

不安は特になかったですね。楽しみのほうが大きかったです。

中島 : こういった塾のようなものを受講されたことはあったんですか?

川村 :

お金払ってセミナーを受けることは何回かしていたので、そこに対する耐性はありましたね。速読とかも習っていたので。

中島 : 実際に参加されて、どのような学びがありましたか?

川村 :

企業を見るときに働いている人、特に経営者を見るっていうことをあまり考えたことがなかったんです。

川村 :

ソニー(6758)の、経営者が創業者の精神に反した経営を行った時代は業績が落ち込んで、創業者の精神に立ち返った時代には業績が回復した、という事例を知って、そんなポイントを見るんだ!と驚きましたがとても腑に落ちました。創業の精神を受け継いでいる会社を投資対象に入れるようにしました。

インタビュー写真

中島 : 創業の精神に沿った経営をするというのは、意味が分かりづらいかもしれませんが、この大切さを理解していただけてよかったです。大手企業への投資にするときはこの分析を入れると、成功率が上がりますからね。他には何か学びはありましたか?

川村 :

あとは、未来を見るってことですかね。

中島 : 未来というと?

川村 :

未来の話はソフトバンク(9984)の話が一番印象に残っています。
孫社長が描く300年続く企業というのは、最初は何のことかと思ったんですけど、大真面目に300年のビジョンを描いていますし、そのための戦略もあってしっかり考えて実行なさっている。300年も先を見て経営をしている人なんているんだ!と驚きましたが、調べていくと、未来にソフトバンクが成長していくイメージが描けました。

川村 :

例えば、ARM(イギリスの半導体会社)を3兆円かけて買収したのも、2045年に起きるシンギュラリティ(技術的特異点)を見越した一手だと理解できるようにもなり、ソフトバンクの凄さが理解できました。チャート分析など、過去の出来事から何となく見ていたので、「明確な将来のビジョンを持つ企業へ投資をする」というのは目から鱗でしたね。

インタビュー写真

中島 : これから、投資(資産形成)に関して、変わったことはありますか?

川村 :

短期目線の投資を長期目線に変えていきました。

中島 : どうして長期目線に変えていこうと思ったのですか?

川村 :

今までは、常に株価のピークがいつかを考えて、買ったら次の高値で売ることばかりを考えていました。それが、正直ストレスだったんです(苦笑)

中島 : 短期投資は
一喜一憂して疲れてしまいますから。長期目線に変えてストレスはどうですか?

川村 :

ストレスはだいぶなくなりました。未来投資塾で、良い企業を分析できる力があれば売ったり買ったりを頻繁に繰り返す必要がないことに気づきました。それと、会社を応援する気持ちで投資をすると、長期投資は上手くいくと教えていただきましたが、この考え方もとても良かったです。

川村 :

今までは投資をするのに会社を応援するなんて考えてもいませんでしたが、この考え方で株を保有をすると、多少の下げが気にならなくなりました。しっかり分析して良い企業だとも思っていますし、応援しているので、多少下がったから売却でなく、良い会社の株価が下がったから、買うチャンスだと思えるようになりました。

インタビュー写真

中島 : 応援する気持ちと長期目線でストレスが減ったどころか、チャンスで買いに行けるようになったのはすごいですね!他に活用できていることはありますか?

川村 :

未来投資塾は株式投資の塾なんですけど、本質を捉えるっていうのは株に限らないなって思っていて。株以外の投資でも有効だなって思いますし、もっというと本質を見極めるのはすべてに応用できると思うので、活用していこうと思います。

中島 : 面白いですね。株以外ではどんな投資に活かせそうですか?

川村 :

例えば仮想通貨でいうと、そのプロジェクトでどういう未来を作りたいのか、その人が立ち上げた思いとかを見ています。

中島 : ICO(新規仮想通貨の公開)とかですか?

川村 :

そうですね。そのビジョンに価値があるなって思えれば、投資しようと思えますし、そこに金儲けの臭いがしたりするとダメなので、良いものを見分けるポイントとして使えるなと思います。

インタビュー写真

中島 : ICOみたいに、詐欺まがいのものが乱立している中で、本当に良いものを選ぼうと思うと、未来投資塾の本質を見極めるという視点は使えますよね。

中島 : ホームページをご覧の方にメッセージをお願いします。

川村 :

まずは、「豊かになるニュースの読み方」「無料説明会」参加するなりして、未来投資塾を一回体験してみるといいと思います。投資家というとガツガツしているイメージがあって、いろんな投資商品を販売されるんじゃないかと身構える人もいるかもしれませんが、講師の2人は柔らかくて、とても好感が持てました。

中島 : 「投資のセミナーなのにガツガツしていなくて良いですね」と、よく言われますね。(笑)

川村 :

それと、社会と一緒に豊かになるという発想が、世の中の投資家の方のイメージと違うなと思いました。投資を通して社会にも貢献できるということに興味がある人に合う投資塾だと思います。

ページの上に戻ります